バグ埋め込み(前編)

ベッドバグに通信機を持たせ、ロッシ・フリモントに潜入させる。

バグ埋め込み(前編)

ミッションを開始し、ベッドバグが通信機を回収するカットシーン終了後、近くのctOSタワーに向かう。

ctOSタワーの敷地内には警備兵がおり、数は5人と多くないので苦戦はしないはず。

周辺には監視カメラも設置されているので、敵の位置を把握しながらテイクダウンで倒していくと、経験値を多く獲得できる。

敵をすべて倒した後、制御盤をハッキングしてドアをアンロック、部屋の中に入ってベッドバグとの通信を開始します。

ロッシ・フリモントの監視カメラ映像にアクセスし、ベッドバグに指示を出しながら上階のサーバールームを目指す。

ここからエイデンからベッドバグに指示が出せるようになり、×ボタンで隠れる場所を指定、ロックされているドアは制御盤をハッキングしてアンロックする、といったエスコートをすることに。

ベッドバグが見つかると戦闘になり、ミッション失敗になりやすいため、見つからないように進みましょう。

以前のミッションで監視カメラを使って見た部屋の構造と一緒であり、地形も隠れられる場所が多いため、まったく敵に見つからずに進むことが可能です。

カメラの範囲内で常にベッドバグを確認できるように注意しましょう。

このページの先頭へ