タイローンの仕事じゃない(後編)

ベッドバグが徒歩で移動し始めるエリアは立ち入り禁止区域になっており、警戒状態の敵がうろついているので、見つかるとミッション失敗になる。

タイローンの仕事じゃない(後編)

そのため、見つからないようにカバーポイントに隠れながら移動、近くにいる敵はテイクダウンで倒しながら進んでいきましょう。

敵が近くに2人以上いるとテイクダウンで切り抜けるのが難しいため、ルアーを活用してベッドバグを見失わないように追跡します。

ベッドバグが立ち止まったら、近くにある監視カメラをハッキングしてベッドバグがラビットと接触する現場を見る。

ベッドバグはラビットを殺そうとするため、メーターが赤になり警告音が鳴ったら背後のパイプをハッキングし、犯罪発生を阻止する。

ラビットの携帯をハッキングし、連絡を取り合いながら現場から脱出させることに。

監視カメラの映像から、ラビットが殺されないように移動するカバーポイントを×ボタンで指示します。

ラビットを安全に退避させることができれば連絡が入り、イラクがベッドバグを始末しようとしているということがわかる。

ラビットが途中で敵に見つかってしまった場合は、その場で指示を聞かなくなり、一人で強制的に退避。

その場合は周囲の敵をすべて倒し、ラビットが残していった携帯電話をハッキングして証拠を回収する。

いずれかの方法で証拠を手に入れれば、ミッションクリアです。

このページの先頭へ